台湾に行くなら金曜発の羽田早朝便が超絶おすすめなお話

どうもこんにちは。

昨日に続いて台湾の記事ですが、記憶がフレッシュなうちにどんどん連投していきますよー。

Sponsored link

ということで、今回はタイトルの通り台湾に行くときのおすすめフライトのお話。

今回私が利用したのはタイガーエアで、

2/17(金) 羽田 5:25発 → 台北・桃園 8:30着

2/19(日) 台北・桃園 13:30発 → 成田 17:30着

こんな感じのスケジュール。

これで約36,000円ほどでしたが、1か月前を切った購入かつランタン祭りの時だったので、通常より少しばかり高い料金だったと思います。通常ならもうちょっと安くいけるはずです。

復路の便はそれぞれの予定にあわせてという感じなので特に言及しませんが、今回往路の羽田早朝便が本当に良かった!と感じたので、そのおすすめポイントをまとめていきたいと思います。

早朝だとイミグレもバスも全く混まない

これ、ホント大事です。

上記に書いたスケジュールで、本当は8:30に桃園空港着だったのですが、早く搭乗を開始したせいか、なんとびっくり8:00に到着したんですね。こんな早朝に到着する便もなかなかないため、イミグレはガラ空き。これがお昼とか通常の時間帯だと激混みでめちゃくちゃ時間がかかるそうなので、本当にラッキーだったなあと思いました。

ちなみに8:00に着陸し、そこからイミグレ・税関通過して、更にはATMでお金をおろすところまでわずか15分で完了しました。なんということでしょう…。

そこからバスチケットを買って、8:20発の台北駅行きバスに乗り込み、台北駅着がなんと9:00ちょうど。着陸してからわずか1時間で台北駅に着いちゃいました。

比較:お昼すぎのバスストップ

比較:早朝のバスストップ

一目瞭然の差ですね。これはすごい。

まだ朝なので比較的空いてる台北駅。

地べたに座っている人がたくさんいるのがアジア感があってとてもいいと思います。

いやいやホントに、朝の9時から行動をスタートできるって最高ですよね~~。

もちろん、羽田5:25発なので空港泊をしなくちゃいけないのがちょっぴり大変ではありますが、羽田空港は非常に寝やすい環境が揃っているのでそこまで問題ないかなーと思ったり。もちろん慣れていない方は止めた方がいいかもしれませんが、そんなの余裕だよ!という方には大変おすすめです。

Sponsored link

金曜発の羽田早朝便をまとめてみた

スカイスキャナーで適当に調べてみたところ、だいたいこんな感じでしょうか。

peachとタイガーエアあたりが5時台、その次にチャイナエアラインというラインナップです。

その次になってくると、

8:50発のJALなので、お昼到着ということで少し混みだしていそうなスケジュールになります。

ただ、空港泊もLCCも利用したくない方だと、このあたりの便が言一番良いかもしれません!

また早朝や深夜以外なら、桃園空港→台北駅のMRTが開通したので、こっちを利用すれば渋滞や長蛇の列もなく快適に移動できますね。

まとめ

台湾は3時間~3時間半程度でいける週末アジアの代表格です。

金曜にお休みをとって、金曜早朝に出発し、日曜の夕方あたりに帰ってくるプランでも十分すぎるくらい楽しめます。

台湾に行かれる方、ぜひともこのスケジュールで快適に旅行を楽しんでくださいね~。

それではまた!

↓ぜひとも応援の1クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ
にほんブログ村

Sponsored link